¡ 

é›‘č‰å–ã‚Šã€€

đŸ€ã‚¯ãƒ­ãƒŧバãƒŧぎようãĒč‘‰ãŽã€Œã‚Ģã‚ŋバミ」やら、

 

 

 

ãƒˆã‚˛ãƒˆã‚˛ãŽã‚„ãŖかいãĒ「あãŗぎ原」īŧˆæœ¨ã„ãĄã”īŧ‰ã‚„。

čĩ¤ã‚„éģ„č‰˛ãŽåŽŸãŒãĒã‚‹ã†ãĄã¯ã„ã„ã‚“ã ã‘ãŠã­â€Ļ

原がãĒらãĒいぎもあるから雄木、雌木があるぎかãĒīŧŸ

ã‚„ãŸã‚‰ã€ã‚ãĄã“ãĄå‡ēãĻきたâ€ĻįšŽæ‰‹čĸ‹ã—ãĻもåˆēさãŖãĻį—›ã„īŧ(;O;) 

å°ã•ã„ã†ãĄãĢå‡Ļ分しãĒいと大変īŧã€€

 

 

「ツãƒĢã‚Ŋバ」â€Ļåŗļでは「ヌクã‚ŋチ」ãŖãĻ言ãŖãĻ、

昔はツãƒĢを嚙ãŋ噛ãŋしãĻ酸ãŖãąã„æąã‚’å¸ãŖãĻたようãĒ。。

長īŊžīŊžããƒ„ãƒĢがäŧ¸ãŗ、čļŗãĢåŧ•ãŖ掛かãŖãĻčģĸãļぎでåŧ•ãŖåŧĩりå‡ēしãĻå‡Ļ分しぞしょう。

そういえば、

小さくãĻį™ŊいįŠ‚がå‡ē始めぎイネį§‘チã‚Ŧヤぎ「ã‚Ģヤビãƒŗゴ」とå‘ŧんだぎもあãŖãĻ、

それも噛んで遊んだこともあãŖたãĒ。å‘ŗはåŋ˜ã‚ŒãĄã‚ƒãŖたけお。ãģんぎり野性įš„ãĒį”˜å‘ŗīŧŸ

äģŠã€ãã‚“ãĒ遊ãŗをするäēēãŖãĻぞだいるぎかãĒīŧŸã€€

それもやãŖかいæĨĩぞりãĒã„é›‘č‰ãĢ指厚されãĻるけおね。

 

 

ãƒžãƒĄį§‘ぎ「ã‚Ģナ゚ノエãƒŗドã‚Ļ」やら。

ã‚ĩヤがもうすぐįœŸãŖéģ’ãĢãĒãŖãĻ、

ポãƒŗポãƒŗとã‚ŋネをéŖ›ã°ã—ぞくりぞす。。

 

ã‚Ēã‚Ēバã‚ŗやら、それãĢäŧŧたもぎやら、ドクダミやら。

čģŠãŒäš—ãŖかãŖãĻã‚‹æ‰€ã ã‘ã¯č¸ãŋつけられãĻきれいです。

時々、čģŠãŽåŽšäŊįŊŽã‚’変えãĻはいるぎですがâ€Ļ

 

一昨嚴ãĢåēƒãã—たčŖåē­ãĢやたらå‡ēãĻããŸč‘‰ãŖãąãŽåēƒã„雑木もäŧæŽĄã€‚

ã“ã‚Œã€åąąãŽä¸­ã§ã„ãŖたん更地ãĢした場所ãĢたくさんå‡ēãĻきたもぎと同じです。

新čŠŊがčĩ¤ã„ぎで、

ã‚ĸã‚ĢãƒĄã‚Ŧã‚ˇãƒ¯īŧˆãƒ™ãƒ‹ã‚Ŧã‚ˇãƒ¯īŧ‰ã‹ã¨æ€ã„ぞすが、åŗļでは「あãŖけãƒŧ」とå‘ŧんでるもぎかも。

大きくãĒãŖたら大変īŧã€€

我がåŽļãĢもキãƒĒがãĒいãģãŠã‚ãĄã“ãĄãĢäŧ¸ãŗãĻきぞした。

äģ–ぎ木をäŧæŽĄã—たらâ€ĻあらたãĒã‚‹å›°ã‚Šč€…ãŒå‡ēįžã™ã‚‹ã‚“ですねâ€Ļ

ãžã‚‹ã§ã€ã„ãŸãĄã”ãŖこです。。(==)â€Ļ 

 

 

草ãĢčĻ†ã‚ã‚ŒãĻčĻ‹ãˆãĒくãĒると、

水道ぎ検針ぎäēēから「周りをきれいãĢしãĻãã ã•ã‚‹ã‚ˆã†éĄ˜ã„ãžã™ã€ãŽ

ãƒĄãƒĸ書きがポ゚トãĢ投å‡Ŋされぞす。(;´∀īŊ€) 

 

é›‘č‰å–ã‚ŠãŽã‚ŗツはã‚ŋネがéŖ›ãļ前ãĢå‡Ļ分することから始ぞり、

大į‰ŠãŽč‘‰ãŖãąâ†’æšŋ気とã‚ĸãƒĒäēˆé˜˛ãĢåŽļ周り→中åē­ãĒãŠčĄ¨ã‹ã‚‰į›ŽįĢ‹ã¤æ‰€ã¸ã¨â†’â€Ļ順送り。

暑くãĒãŖたら、æ—Ĩ陰へと回りčžŧãŋį†ąä¸­į—‡å¯žį­–、

ããŽã†ãĄčšŠãŒå‡ēãĻきたり、æĸ…雨時ãĢįĒå…Ĩしたらもうお手上げ。(>_<) 

最垌はã‚ŋネをéŖ›ã°ãã†ãŒãĒã‚“ã ã‚ã†ãŒã€č‰åˆˆã‚ŠæŠŸãŽå‡ēį•Ē。

ã“ã‚ŒãŒæ¯Žåš´æ’äž‹ãŽčĄŒäē‹ã¨ãĒãŖãĻいぞす。

 

昭和夊įš‡ãŒé›‘č‰ã¨ã„ã†ãŽã¯ãĒい、おんãĒ植į‰ŠãĢもそれぞれãĢ名前があるâ€Ļと、

こんãĒã“ã¨ã‚’č¨€ãŖãĻたようãĒ気がするけお、

įĸēかãĢč–Ŧ草ãĢãĒãŖたり、éŖŸãšã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚‚ぎもたくさんあるけお、

įšæŽ–įŽ‡ãŽéĢ˜ã•ã‚’思えば、やãŖãąã€é›‘č‰ã¯é›‘č‰ã¨ã—ã‹å‘ŧãŗようがありぞせん。。

 

さすがãĢåŽģ嚴丁寧ãĢč‰å–ã‚Šã‚’ã—ãŸã¨ã“ã‚ã¯åŧ•ãŖこ抜きやすいですね。

母がäēĄããĒãŖãĻã‹ã‚‰é•ˇåš´æ”žįŊŽã—たら、

ã‚ã‚‰ã‚†ã‚‹é›‘č‰ãŽæ šãŖこがįĩĄãŋ合ãŖãĻįĄŦくãĒãŖãĻいぞした。

栚をあげãĻåē­ã‚’全部ã‚ŗãƒŗクãƒĒãƒŧトãĢしたいと思ãŖたりしぞすが、

čŽĢ大ãĒお金がかかるぎと、

åŽļぎåģēãĻæ›ŋえやåē­ã‚’äģ–ぎことãĢäŊŋうことがå‡ēãĻきた時ãĢ困りぞす。

いãŖたんåŧĩãŖたらおしぞい、ã‚ŗãƒŗクãƒĒãƒŧトをå‰ĨがすとåģƒæŖ„į‰Šå‡Ļį†č˛ģもかかりぞす。

あきらめãĻ、頑åŧĩãŖãĻč‰å–ã‚Šã‚’ã™ã‚‹ã—ã‹ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã­ã€‚

 

 

 

 

 

ãŠã“ãŽãŠã°ãĄã‚ƒã‚“ã‹ã¨æ€ã„ãžã—ãŸãŒâ€Ļ 

 â€Ļį§ã§ã—たâ€Ļ(*_*; 

 

 

ヘãƒĢãƒĄãƒƒãƒˆčĸĢãŖたéƒĩäžŋ配達ぎお兄さんが、

「きょうは暑いですねぇīŊžã€ã¨éĄ”ã‚’įœŸãŖčĩ¤ãĢしãĻåŖ°ã‹ã‘ãĻくれぞした。

雨ぎæ—Ĩもéĸ¨ãŽæ—Ĩも配達ãĢ回るお兄さん、おį–˛ã‚Œæ§˜ã§ã™ã€‚

ãŠã°ãĄã‚ƒã‚“ã€å€’ã‚Œã‚‹ã¨å›°ã‚‹ã‹ã‚‰ã€

午前と午垌、īŧ”īŧåˆ†īŊžīŧ‘時間ぐらいでįĩ‚わるからね。

 

ぎおかãĒäģŠæ—Ĩぎ一æ—Ĩでした。